大分国際車いすマラソン関連 OBSニュース 2017/10/26放送分


今月29日に開催される大分国際車いすマラソン大会を前に選手が宿泊するホテル周辺の商店街で清掃活動が行われました。

この活動は大分市府内町にあるサンサン通り商店街振興組合が車いすマラソン大会に合わせて去年から実施しています。きょうは組合の関係者70人が参加し、海外招待選手が宿泊するホテル周辺の商店街を清掃しました。参加者はおよそ400メートルの通り沿いを歩きながら道端に落ちていたゴミやタバコの吸殻を拾ったほか、ブラシを使って歩道に設置された動物のオブジェを磨きました。

(サンサン通り商店街振興組合児玉憲明理事長の話)「選手の皆さんが試合の前後に大分に来て過ごしやすくきれいで気持ちよかったと思って帰っていただければ」

また、商店街にある花壇の植え替えやハロウィーンの飾りつけも行われました。関係者は「一緒に大会を盛り上げていきたい」と話しています。